ひとの名前が出てこない

人の名前がなかなか思い出せないことがあります。顔のディテールは頭にあるのに名前だけが浮かんでこない。こんなとき、もどかしさを感じつつも、たいていの場合は思い出すことを諦めてしまうのですけど。

今朝、なんてことのない会話の流れで、たまたま〈はぐれ刑事純情派〉の話になり、そのとき主人公のあの俳優さんの名前がまったく出てこないということがありました、、 鼻筋のとおった面長の背広姿はクリアに頭に浮かんでいるのに。と、そんな今朝のできことがこの投稿のきっかけになっています。

文字で記憶することには
限界がある

これは記憶の衰えなのか。言い訳をするわけではないのですが最近は開き直って、こう考えるようにしています。 “文字で記憶することには限界がある”と。
デザインの目的は、対象となるモノゴトを記憶に残すことです。網膜に焦点がむすばれた光の信号が脳に伝える情報は膨大です。コトバではなく、視覚に訴えるほうが、そもそも情報量が桁ちがいに多く効果的だというわけです。
こんなときはデザインの力を借つつ、人々の記憶にとどめてもらうために、できるだけ記憶の負担を減らすよう考慮する必要があります。記憶容量は無限ではありません。伝えたいことを伝えたいだけ盛り込んだメッセージは、結果何も伝えないことに等しい。優先順位をきめたら伝えたい要素を限定して、そうしてうまれた「余白」をどう扱うかを検討していきます。
カフェノマでも、写真そのものや、ブランドのことを気にかけてもらうために、できるだけ記憶の負担を減らすよう試みてきました。優先順位をつけたら、順位の低い要素をどれだけ削れるかを日々繰り返し考えてきたのです。
カフェノマのブランドカラーは、最小限の2色で構成。しかも白と無彩色のグレーが基調色です。自己主張せず他の色に馴染みやすい点が、カフェノマの理念に一致しています。
視点を集めたいのは額に入ったイラストです。そのために他の要素をどこまで削れるかを検討していきます。
色数を限定することを意識した一枚。ビンテージ家具の木部とテーブルの白さの対比を強調したいため、カトラリーやケーキの色も意識しています。
コーヒーバッグの商品カット。商品以外は余白とし、自然と視線がそこに集まるように、全体の色数を制限しています。
カフェノマのロゴがシルエットになったBOX。ロゴを描かず抜くことで、箱の中の商品がわかり、同時にブランド・アイデンティティも訴求した例。
伝えたいメッセージが人々の記憶に残るためにはどうしたらいいか。商品や自社ブランドのことを記憶にとどめてもらうにはどうすべきか。僕が参考にしている、スタンフォード大学ビジネススクールの教授が共著で出した『アイデアのちから』という本。10年以上前に翻訳本がでたベストセラーですが、いまだに読み返すことがあります。